ウェブ・ブラウザ

オイラはITエンジニアだけど、近頃では企業のITシステムもほぼ全てがウェブシステ
ムに移行している。その移行期、クライアントとなるPCはウインドウズXPが主流であ
り、ブラウザはIE6が主流だった。

そのウインドウズXPとIE6は2014年でサポートが完全に終了する。そんなわけで
IE6を前提に作られている企業のITシステムは更新していく必要がある。ウチでも、
そういった仕事が増えているようだが、そもそもHTMLの標準を逸脱してIE6に依存
すること自体がオカシイわけだが、HTML標準自体がイマイチ君なところがあるため、
ユーザーが使いやすいシステムを作るのにはIE6の独自機能に頼らざるを得ないという
ところがあった。

まあそんなわけで更改案件が次々とやってくるわけなんだけど、じゃあ現在はどのブラウ
ザをターゲットにするのが良いのやら、ということになる。画像はブラウザの世界シェア
の推移を表したグラフなんだけど、IEの墜落っぷりは清々しいほどだ。替わって200
8年に登場してきたクロームの急上昇っぷりがとにかく目立つ。紫色の線はモバイルとい
うことだけど、これはアップルのアイフォンとグーグルのアンドロイドでほぼ全てを占め
ているから、グーグルのクロームは50%を超えていると見て良いんじゃないかと。

HTML標準は現在HTML5というバージョンになっていて、これからのウェブシステ
ムはこれに基づいて作るべきなんだけど、このHTML5はもともとマイクロソフト抜き
で策定されていた規格なので、バージョン8以下のIEではサポートされていない、とき
たもんだ。IE8はウィンドウズ7の標準搭載ブラウザなのでこれがまた数が多かったり
する。というわけでおいそれとHTML5に全面移行するわけにも行かず、というジレン
マに陥るというね。

まあ、開発側としては「つべこべ言わずにクローム使えやボケ!!!!」と言いたいところで
はあるのだが。。。
[PR]
by fusantoree2 | 2013-08-25 15:48
<< 沖縄を返せ 沖縄独立論 >>