スワップ失敗!?

今日はお世話になってる方のブログを紹介します。
バスガイドだったみこがアコムに転職した日記

さて。韓中通貨スワップ資金(3600億元・約64兆円)を活用した貿易決済制度が有名無実化して
いる。国内ウォンの融資金利が相対的に低くなったが、最近、中国の短期金利の指標であ
る上海銀行間貸出金利(SHIBOR・時報)が急騰、金利条件が著しく悪化したためである。

韓国の新聞ではこんな記事が出ています。せっかくクネクネ大統領が訪中してスワップ協
定締結を大々的に報道したっていうのに、金融業界ではほとんど無視されている状態のよ
うですねえ。

まあそりゃそうでしょうなあ。人民元というのはもともと、ドルペッグ制と言って米ドル
との変換レートを一定に保つことによって信頼度を保ってきた通貨。中国の経済力が上昇
して本来なら人民元が対ドルで高くならなければおかしいところを、中国当局は外国企業
の生産工場を誘致する目的で無理やり人民元を低くする通貨政策をとってきた。

つまり人民元というのは外為市場では自由取引によってレートが決まらないため、国際的
な信頼度は低い通貨でしかない。そんな人民元とスワップ締結したって韓国ウォンの信頼
度が上がるわけがない。韓国ウォンなんてものはそもそも世界では紙屑同然の扱いを受け
ている。それはやはり北朝鮮リスクがあるからで、潜在的に信頼されない通貨だ。

今までは日本が通貨スワップを締結することで支えてきたわけだが、このたび日本とは締
結を解消し、中国と締結したわけだけど、まあなんていうか「目クソと鼻クソが手を組ん
だ」というようなもので、国際的には全く意味の無いものといって差し支えないと思う。

クネクネさんとしてはとにかく「日本に頭を下げるのだけは絶対に嫌だ」、という理由だ
けで経済なんかどうなっても良いってことなんだろう。うん、その調子でがんばれよ。
[PR]
by fusantoree2 | 2013-08-25 15:29
<< いずも大反響 写真のビルはスペインのベニドル... >>